二人暮らし快適生活 > 社内恋愛>社内恋愛で苦労したこと

 

社内恋愛で苦労したこと

社内恋愛で良かったことの逆バージョンになりますが、社内恋愛だったばかりに苦労した、困った、辛かったことは結構あります。

まず、仕事がし辛くなる可能性があります。
勤めている会社の社風にもよりますが、周囲からの冷やかしは当然考えられるかと思います。
何かある度に相手の名前を出されたりして、正直うんざりしてしまうことも・・・
冷やかしでなくても、変に気を使われることもあり、常に二人セットで考えられてしまうのも困りものです。

冷やかしだけでなくても、やはり噂の的になりやすくなり、ちょっとした雑談で口を滑らせてしまったプライベートが、気が付けば周囲のみんなが知ってたりということも。
相手が誰のことかが分かっている分、周囲には二人の恋愛に必要以上に興味が持たれてしまい、何気ない詮索がされてしまうこともあります。
そう言った意味で、社内での恋愛相談はご法度になってしまいがちです。恋愛相談するなら、相当に相談相手を選ばないと!
もし気軽に相談なんかしてしまった日には、二人の間にずかずかといろんな人が入り込んで来て大変っ!
親身になっていただけるという面ではとてもありがたいのですが・・・

また、相手との関係も公私混同してしまいやすくなり、仕事上の問題がプライベートでの喧嘩の原因になってしまうことも。
特に二人の関係が上司と部下であった場合なら、他の上司から言われても平気なことも、パートナーから言われると素直に受け取れず反抗的な気持ちになってしまうこともあるかもしれません。
気持ちの切り替えができていないと、どうしても”普段はあーなのに、偉そうに言っちゃってさ!”と、単なる注意やアドバイスが無性に腹正しく感じてしまうことも・・・
一緒に仕事している時、私達はこんな理由の喧嘩がかなり多かったです。
付き合い始めた後に、同僚から上司に昇格した相方をどうしても上司扱いできなくて大変でした(T-T)

公私混同という面では相手への甘えが出てしまうだけでなく、相手の仕事の心配までしてしまうことも。
普段から仕事の愚痴や弱音を聞かされていた場合、自分の仕事のことだけでなく相手の成果に対してもついつい気になってしまいます。
私に出来ることならと相手の仕事のヘルプをしてしまい、気がつけば必要以上に仕事量を増やしてしまうこともあるかもしれません。

さらに、仕事上で差し支えるからと、社内で公表していない場合は付き合い方は必然的にコソコソ。
周りの目を気にしながら会うというのは、とても閉鎖的でストレスが溜まります。
不倫か?わたし達は?と・・・ 



次のページ