二人暮らし快適生活 > 二人で生活>二人暮らしの家計

 

二人暮らしの家計

結婚と違って二人暮らしの場合はどこからどこまでを共有財産として管理していくかが課題となります。
これについては一緒に住む前に二人でよく話し合う必要があると思います。

ルームシェアとして全てを折半して毎月回収していくか、あるいは結婚準備期間のつもりで最初から全てを共有にしてしまうか・・・

ちなみに私達は、私が彼宅へ転がり込むという形で二人暮らしが始まってしまったので、家賃や光熱費はそのまま彼の口座から引き落としされるままになっています。
その代わりに、料理を主に担当している私が必然的に食費や日用品代を賄っている状態です。

あと、新聞代は集金が来た時にちょうど出てしまった人が出してます(笑)
それと、携帯代は各自が支払ってます。
デート代はその時に財布の中にお金がある人持ち、かな?

二人暮らし用の広い部屋に引っ越すか、あるいは正式に入籍した後は全ての家計を私が管理するということになっているのですが、今はワンルームなので半分別々という感じです。 二人の家計

とりあえず一緒に住む前に、家賃、光熱費、食費、雑費をお互いがどの程度に負担しあうかはきちんと決めておかないと、後々でお金が元で喧嘩してしまうことになるかと思います。

例としては、もしお互いの収入に差が無いのであれば、家賃は半分ずつで、残りは月に決まった金額を共同の財布や通帳にまとめ、その中から出していくとか。
足りなくて揉めないように、予算内でやりくりするようにすれば、節約術だって身についちゃうかも?!

もしどちらか一方が完全に家計管理をするとなった場合、細かいトラブルを避ける為にも簡単な家計簿を付けておく方が良いと思います。
特に家具や電化製品を購入した時にはお互いにどれくらいの比率で出資したかを残しておかないと、イザ破局・・・となった時に、プチ財産問題が勃発?!

共同生活する前に、相手の金銭感覚を確認する良いチャンスですよ。
話し合いもナァナァで済まそうとするようだったら、今後にお金問題で苦労すること間違いなし?!



次のページ