二人暮らし快適生活 > 社内恋愛>社内恋愛は発展が早い

 

社内恋愛は発展が早い

周囲を見ていても、社内恋愛は通常よりも相手と一緒にいる時間が長かったり、お互いの仕事に対する理解が深かったりして、付き合い出してから先への展開が早いような気がします。
もちろん、この展開の中には破局も含まれるのですが・・・
破局に関しては社内恋愛は破局も早い、で書いていきます。

ただ、会社はあくまでも仕事をするつもりで行く場所ですから、一部の”会社は結婚相手を見つける場”と考えている人達以外は、そこまで恋愛を意識して上司や部下や同僚のことを見てはいないハズ。
なので、会社で知り合って即お付き合いに至るカップルはそうはいないのでは?
数ヶ月や数年、しばらくは単なる社内の人として接していくうちで気持ちを確かめ合ってからスタート!というパターンになるかと思います。

ある程度の人間性や仕事ぶりは毎日顔を合わせる職場で大体のことは理解できるかと思います。
ただ、恋人としての相手のことは、上司や部下、同僚という恋愛未満な立場では当然ながら分かっていなかったと思います。
例え何かの機会があって、お互いに恋愛に関する話はしたことがあったとしても、それはあくまでも過去の話であって、実体験ではないですしね。

そして付き合って初めて、恋愛する相手というものを目の当たりにすることになるのですが、これが想像してた通りだったとしたら、当然、何の問題もなしです。
人間性や仕事ぶりなんかはすでに同僚から恋人へと格上げした段階でOKを出してるのも同じですから。

ということで、付き合う前が長い分、社内恋愛はその後への発展が早い!
私の周りでは最短で2ヶ月で入籍というツワモノもいました。
このカップルは付き合う前は同僚として2年間以上は一緒の職場で働いていたそうです。
2年間は同僚としてみていて、こいつとなら絶対に上手くいくだろう、という自信があり、恋愛の工程を大幅に省略して結婚されたそうです。
潔いなぁ。

他にも1年以内に入籍という例も・・・
そうです、うちだけです、4年も付き合ってようやく結婚が具体化してきたのは(爆)
いやいや、うちはいろいろ事情がありましてね。

また、社内恋愛を公表した場合、周囲の反応に後押されて知らずに発展への道を辿ってしまってるケースも。
周りにとっては他人事なので、無責任に「まだ結婚しいひんの?」とみんなが言ってきます。もうっ



次のページ