二人暮らし快適生活 > 二人暮らし・同棲>同棲の場合の破局

 

同棲の場合の破局

恋人と一緒に暮らしたいけど、破局した後が大変だから同棲はしない!という人も多いと思います。
私もそのことを考えて躊躇してた時期もありました。

別々に暮らしながら普通に恋愛してた後の破局でも、悲しいとか悔しいとか、そういった気持ち的なものを引きずる場合は当然にあるかと思います。
でも、一緒に暮らしてた人とのお別れは、気持ち以外にもたくさんのことを引きずってしまう可能性が・・・

例えば、昨日喧嘩して別れることが決まりました。
と、言っても、じゃあ明日出てくからねと言えるかどうか・・・

人によっては実家が近くて実家へ戻るだけで済むかもしれませんし、一時的に友達や知り合いの家に身を預けることができるかもしれませんね。
でも、次の日に即効に部屋を出ていける人はそう多くは無いと思います。
翌日も仕事や学校があって荷物の運び出しに時間が取れなかったり、新しい部屋のアテも無く一から一人で不動産屋を巡らなくてはならなかったり・・・

こういう場合、破局後もしばらくは一緒に生活し続けなきゃいけないってことですよね。
それって、かなりツライなぁ・・・(T-T)

また、金銭的にもクリアにしにくい物があって揉める可能性だってあります

二人の共有財産として買った家具や家電、日用品はどうするか?
これって結婚してた人が離婚するときに揉めるのと同じことだと思います。
二人のどちらかに一方的な非があって別れるのなら優先権が片方に存在するので、もう片方は諦めるしかないし楽なのかもしれませんが、そうではない性格の不一致や生活の不一致での破局は大変です。

万が一、憎みあって別れるなんてことになったとしたら、共有財産の奪い合いってことになりかねないかも?!
だって、家電や日用品はたくさん残ってれば残ってるだけ後の生活が楽ですしね
(^-^) 
何も持たずに出てしまうと、後から全てを揃えなおすのは大変っ!

なので、結婚前提じゃない二人暮らしでは、あまり共有財産を作らない方が良いかもしれませんね。
イザという時の為に



次のページ