二人暮らし快適生活 > 結婚への道のり>年始の挨拶に行く&来てもらう

 

年始の挨拶に行く&来てもらう

何だかんだと近々、親同士を含めた結納変わりの食事会をすることになりました。
そこで、お互いにもう一度それぞれの家族に会う為にまた実家訪問。 

まずはワタシが相方の実家へ

今回は2度目ということで、手土産は3000円程度の洋菓子を持って行きました。
服装はちょっと清楚ちっくな感じで、トップスは白、ボトムは膝丈のスカートです。
季節的にはロングブーツを履くところですが、脱ぎ穿きがスマートな方が良いと思ってバックストラップのパンプス。

年始の挨拶とは言え、特に雑談だけで短時間で終り・・・ありゃ?
ワタシとしては気楽で良かったんですが、向こうの両親はあんなので良かったんでしょうか?

そんな簡単に嫁入りしちゃって問題ないっすかぁ?

数日遅れて相方がワタシの実家へ

相方はこれまでにも何度もワタシの実家に顔を出してくれてるので、もうすっかり余裕って感じでした。
とりあえず手土産はワタシも一緒に選んだ洋菓子を。(こちらも約3000円の品)
服装も、今さらなので普段着で。

でも、今回は普通じゃありませんでした(>_<) なんせ、姪っ子付きでしたから・・・
ブログでも書いてますが、うちの姪っ子は大の相方ラブなので、挨拶の場は姪っ子の独壇場でした。

場は盛り上がったので、おそらく全員が気楽に楽しく過ごせたとは思いますが、結婚に関する話は一切なし!

5人でお茶を飲み、姪っ子が配ってくれたハイチューをみんなで食べ、お絵かきをし、ついでのようにちょこっとだけ相方の転勤のお話をした程度です。

次回の親の顔合わせのことは、二人で適当に決めろってことなんでしょうか?
結婚って、ある程度まで話が進んだら、適当なもんなのかもしれない・・・



次のページ